夏本番!気を付けるべきマスクによる肌トラブル

今回ご紹介するのは、夏本番を迎えても欠かせない、マスクの悩みについてです。新型コロナウイルスの影響で、マスクが欠かせないですが、そんな中増えているのが、マスクが原因と考えられる肌トラブルです。街では『ニキビが出来やすくなった』『湿疹できる』『乾燥がきになる』などの声もありました。そんな夏マスクによる肌トラブルについて、詳しく解説していただくのは、札幌皮膚科クリニックの院長安部正敏(あべ・まさとし)先生です。

さっぽろ皮膚科クリニック安部正敏先生「夏はあせもなどのトラブルが例年増える傾向にあるが、今年はそれに加えて、乾燥肌や肌荒れなどのトラブルが増えており、実際、そういった患者さんが多くなっている」

そんなマスクによる肌トラブルに多いのが肌荒れや、湿疹・ニキビ、赤くなる(かぶれ)なんです。最初は、マスクが原因とは思わず診察にきて、実はマスクが原因というケースが多いそうです。

そんな肌トラブルの原因は大きく三つ『蒸れ・摩擦・乾燥』ということです。

「蒸れ」は、会話や咳などによる唾液に加え、暑さによって汗もかき、蒸れて「角層(かくそう)」の水分が過剰状態になっているそうです。

そして、「摩擦」皮膚とマスクが擦れることによって傷がついてしまう。特にサイズが合っていないと、摩擦による刺激は大きくなるんです。

そして一見マスクとは関係なさそうな「乾燥」ですが、長時間、マスクをつけていると蒸れて皮膚がふやけてしまいます。そこにマスクによる摩擦などで、肌を守る「角層(かくそう)」や皮脂膜が、必要以上に剥がれてしまい、肌のバリア機能が低下してしまうんです。その状態でマスクを外すと水分は蒸発し、肌が乾燥しやすくなってしまいます。さらに紫外線などの影響も大きく受けてしまいます。

この時、マスクの中ではどんなことが起こっているかというと、肌が乾燥しているが、蒸れて細菌が増殖している状態なんです。皮膚には良い菌もいますが、肌によくない“雑菌”も増えてしまいます。さらに剥がれた角層などで毛穴が詰まりやすくなります。それが、皮膚のバリア機能が弱まっているときに起こるので、ニキビや湿疹、かぶれなど「トラブル」が起きやすくなっているんです。

そうならないための「マスク選びのポイント」は、自分の顔に合ったサイズのマスクを選ぶこと、そして綿やガーゼなど肌に優しい素材を選ぶことです。不織布マスクを着用する場合も、ガーゼなどを一枚挟むと摩擦などの刺激の軽減につながります。

また、汗などを拭きとった時に、こまめな保湿を心がけるのがことが大切!「自分に合った保湿剤」を選ぶのも大切です。マスクの中がべたつくのが苦手な人は、ローション系やフォーム・ミスト系など、水分が多くサラッとしたものがオススメです。  

一方、マスクが触れる部分などは、特に乾燥しやすいので、油分が多い軟こう系やクリーム系のものがオススメです。さらに、今年は、蒸れなど夏特融の汗疹(あせも)などに加え、「保湿」についても「冬並みのケア」が大事になります。

この夏のお肌のお手入れでは、注意した方がいい点も!

まず一つ目が、帰宅したらすぐに洗顔をすることです。マスクの中は蒸れていろいろな細菌が増殖している場合もあります。さらに毛穴も詰まりやすくなっているので、早めの洗顔が重要です。できれば、帰宅したら、まずは「手洗い・うがい」とセットで、洗顔をするのが効果的です。

その「洗顔」時にも注意点があります。ポイントはずばり「温度」と「泡」です。

温度は、毛穴から出る皮脂が溶け始める約32度がベスト。冷たい水だと暑い日は気持ちいいですが、肌への刺激が強すぎます。逆に熱すぎると、潤いを保つのに必要な皮脂まで余計に落ちてしまいます。

そして、もう一つ「よく泡立てる」こと。顔を洗うときは、洗顔料や石鹸などを、まずよく泡立てます。すると、その泡が汚れをとってくれるので、ゴシゴシ擦る必要はありません。石鹸の多過ぎや、擦り過ぎは、肌への“刺激”になってしまうので気を付けましょう。これは、手洗いでも一緒なんですよ。

気になる“日焼け対策”のポイントは、日焼け止めは顔全体に均等に塗ること!マスクから出ている部分はもちろん。マスク部分はある程度紫外線を通してしまうので、顔全体に均等に塗るのがいいでしょう。日焼け止めの量は、顔全体ならばだいたい7ミリのパール2、3粒程度。夏場は汗もかくので、面倒でも2~3時間に1度は塗り直すようにしましょう。

男性も“マスク焼け”が心配なら顔全体に日焼け止めをした方が望ましいです。紫外線の対策が肌荒れ対策にもなるので、おすすめです。

また、男性も女性同様、マスクの中は蒸れなど肌が乾燥しやすくなっています。対策としては、やはり「保湿」。これまで普段何もしていない人も、肌の調子がおかしいと思ったら、まずは保湿が大事です。特に髭剃り後には欠かさないようにしましょう。いつもに比べ、この夏特に「カミソリ負け」するという人は、T字から電気シェーバー変えると、肌への刺激が抑えられます。

対策をしていても、肌にトラブルが起きてしまった場合、乾燥肌だと保湿クリームなどによる保湿ケア。湿疹・かゆみだと症状に応じてステロイドなどの塗り薬を使いましょう。ニキビなどの場合、抗生物質の塗り薬などを使うことが効果的です。ですが、ここで注意すべきなのが、ステロイドの薬と抗生物質の薬は逆に作用してしまうこともあります。例えば、ニキビなどにステロイドの薬を使ってしまうと、悪化してしまう場合もあるので、自分で判断せずに、症状が出たら、まずは皮膚科を受診しましょう。それぞれの症状を、一般の人が見分けるのが難しいこともあるので、かゆくなったら受診してを心がけましょう。

新しい生活様式になり『マスクをつけて過ごす夏』。肌には、過酷な状況になるので、ぜひ参考にしてトラブルを防いでください。肌トラブルが増えているのは、一方でそれだけ皆さんがマスクをつけて感染防止に努めている表れだと思います。肌のケアなどに気をつけて、この夏を乗り切りましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000