【レシピ】和食のプロが伝授する肉じゃが!

今回は、札幌の人気居酒屋「かけはし」の人気メニュー「肉じゃが」を家庭で再現できちゃうレシピをご紹介します!食材によって異なる調理法で、素材の良さを引き立たせる、一味違う肉じゃがです。

【材料 4人分】

・ジャガイモ…6個

・タマネギ…1/2個

・ニンジン…1/3本

・牛バラ肉…100g


<合わせ調味料>

・みりん…70cc  

・しょうゆ…55cc

・砂糖…15g


【作り方】

1. まずは、下処理。ジャガイモは皮をむいて4等分に切ります。お店では、一口サイズのジャガイモを使っていますが、家庭では煮崩れしにくいメークインがおすすめです。ニンジンは皮をむき、一口大の乱切りにしましょう。

2. 早速ですが、ここが決め手!【ジャガイモとニンジンの調理は別々に】!ジャガイモは15分ほど蒸し、ニンジンは15分ほど茹でましょう。ジャガイモは蒸すことで仕上がりがほくほくになりますよ。

とはいえ家でやるのはちょっと面倒…。そんな時は、電子レンジでもOKなんです!500Wでジャガイモは約15分、ニンジンは約2分半温めると、丁度いい火の通りになります。

3. 牛バラ肉は一口大に切り、タマネギは1cm幅にスライスします。スーパーで安売りしてたら和牛切り落としでもおいしいですよ!

4. フライパンに油をひき、牛バラ肉を軽く炒めたら、タマネギを加えて炒めましょう。牛肉の脂で甘みを出すのがポイントです!お店でも牛肉の脂でコクを出しているそうですよ。家庭で作る時も、脂が多めのものを選ぶと良いんだとか!

5. タマネギがしんなりしてきたら、ニンジンを加えて軽く炒めます。

6. 濃いめのタレもポイントです!これはお店の味と一緒!配合もそのままなんです。砂糖・みりん・しょうゆでちょっと甘くて濃いめの合わせ調味料を作ります。これをフライパンに入れてひと煮立ちさせます。

7. ジャガイモを蒸し器からフライパンに加えて、絡めるように混ぜます。すき焼きをイメージした肉じゃがなので、煮るというよりは、タレを絡めるイメージです。味が染みるのは、冷めるとき。一度冷まして、レンジなどで温めて食べてください。最後にお好みでイタリアンパセリを添えて完成です!

ジャガイモはホクホク。牛肉の甘みを活かしたすき焼き風の味付けは、ごはんにもお酒のアテにもぴったり!是非お試しください!


レシピを教えてくれたのは「活食・隠れ酒蔵 かけはし 北二条店」代表の下川部康雄さんでした!

作り方を動画で見たい方は、「もんすけTV」をチェック!

0コメント

  • 1000 / 1000