【レシピ】塩こうじとサケのシチュー

今回は、栄養満点の体あったか「塩こうじとサケのシチュー」のレシピをご紹介します。

【材料】(2人分)

・生鮭…2切れ

・カブ…1個

・タマネギ…1個

・ニンジン…1/2本

・エリンギ…2本

・ニンニク…2片

・塩こうじ…大さじ1と小さじ1

・バター…20g

・顆粒スープの素…小さじ2

・薄力粉…小さじ2

・豆乳…200cc

・水…200cc

・白コショウ…少々

・パセリ…少々


【作り方】

1. まずはサケの下処理から。切り身を3等分にしましょう。時期的に生鮭が無ければ、サーモンや鶏肉でもOKです。

2. 塩こうじ小さじ1をサケの両面に塗り、10分ほどおきます。サケのたんぱく質は血液の材料なので、身体を温めるほか、塩こうじのビタミンB群はたんぱく質の代謝を促します。さらに肉質を柔らかくしたり生臭さがぬけたりする 効果があるんですよ。

3. カブとニンジン、エリンギ、タマネギは一口大、ニンニクはみじん切りにします。カブは酵素が豊富で消化を助けて身体を温めるほか、タマネギとニンニクも血流促進の効果があります。

4. フライパンにバターとニンニク、タマネギを入れて中火で加熱し、香りを出しておきます。その後、薄力粉も加え、さらに炒めましょう。

5.タマネギが透明になってきたら、フライパンのすき間で鮭を軽く焼きます。

6. ニンジンとエリンギ、顆粒コンソメと水を入れたらフタをして7~8分中火のまま煮ます。

7. ニンジンに火が通ったら、カブと豆乳を加え、吹きこぼれないように弱火で5分煮ます。豆乳を加えることで生クリームが無くてもコクが出ます!火を通したカブは溶けてとろとろになるので、温まりますよ。

8. 火を止めて、仕上げに塩こうじ大さじ1と白コショウで味付けをして器に盛りましょう。最後に塩こうじを入れることで、出来上がった料理の味を変えずにうまみや甘み、コクを出すことができます。最後に、刻んだパセリをかけて完成です!

塩こうじとサケの組み合わせが、あったか効果抜群!カブの食感と豆乳のコクが感じられる野菜たっぷりの栄養満点シチューです。是非お試しください。


レシピを教えてくれたのは、ハーブ&クッキングルームKINA代表の大澄かほるさんでした。

作り方を動画で見たい方は、「もんすけTV」をチェック!

今回のレシピを含め、「ごはんにしよう」ウィークでご紹介した、4つのレシピを実際に作っていただいた方には、バーミキュラの鍋やフライパン、レミパンプラス、トモエの醤油・つゆのギフトセット。そして、もんすけグッズが、あわせて50名様に抽選で当たります。


【応募方法】

1.メールでの応募方法

  ・作った料理の写真を、「doki@hbc.co.jp」あてに送る

もしくは…

2.インスタグラムでの応募方法

  ・今日ドキッ!公式インスタグラムをフォロー

  ・「#ごはんにしよう作ったよ」をつけて、作った料理の写真とともに投稿


締め切りは、2月16日(日)午後11時59分まで。

沢山のご応募お待ちしております!


※当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

※番組でアカウント名および写真を、使用させていただく場合があります。ご了承のうえ、ご参加ください

0コメント

  • 1000 / 1000