【レシピ】ゴボウカレーうどん

ほっこり食感がたまらない「ゴボウカレーうどん」のレシピをご紹介します。ゴボウは食物繊維と水分が多く、加熱調理すると、熱を持ったまま体に運んでくれるので、身体がポカポカになりますよ。是非お試しください!

【材料】(2人分) 

・うどん…2玉   

・ゴボウ…1本(100g)太めなら1/2本 

・豚バラ薄切り肉…100g

・玉ネギ…1/2個

・長ネギ…1/2本       

・カレー粉・油…各 大さじ2

・酒・みりん・しょうゆ…各 大さじ6    

・水…720cc

・だしパック…2袋    

・水溶き片栗粉…大さじ2+水大さじ2


【作り方】 

1. まずはめんつゆを作ります。鍋に、水・酒・みりん・しょうゆ・だしパックを入れて火にかけます。沸騰したら弱火にして、5分程度、煮だしてください。

2. ゴボウは手前に90度ずつ回しながら、斜めに切って、乱切りにします。本来は回し切りと言って、形を揃える切り方です。乱切りにすると早く火が通り、味も早く染みるんです。

3. 長ネギは斜め切り、玉ネギは薄切り、豚肉は、5センチほどに切りましょう。

4. 続いては炒める作業です。フライパンに、油・カレー粉・豚肉を入れてから火をつけます。「コールドスタート」と言って、豚肉が硬くならないため、薄切り肉の時は特におすすめです。豚肉の油が出るまで中火で炒めます。

《ポイント》

このタイミングでカレー粉を入れ、油に香りをしっかりつけましょう。辛いのが苦手な方は、カレー粉の分量を半分にして、ターメリックなどを入れると辛味が和らぎつつ風味は残せますよ。

5. ゴボウを入れ、表面が透き通るまで強火で炒めます。ゴボウに豚肉の油を吸わせてうまみを出しましょう。乱切りにするとほっこりとした食感になるほか、厚めに切ることで熱をためてくれるため、体を温めてくれます。

6. 長ネギ・玉ネギを加えて、野菜が透き通るまで軽く炒めます。透き通ってきたら、最初に作っためんつゆを入れます。

7. 水溶き片栗粉でとろみをつけます。2回に分けて少しずつ入れていきましょう。最後に、 茹でたうどんにかければ完成です。

乱切りしたゴボウが体をポカポカにしてくれて、カレーの香りが食欲をそそる「ゴボウカレーうどん」是非お試しください。


レシピを教えてくれたのは、フードプロデューサー青山則靖さんでした。

作り方を動画で見たい方は、「もんすけTV」をチェック!




0コメント

  • 1000 / 1000