「ボロいい宿」~新得町・オソウシ温泉~

見た目は汚いのに、なぜか人気がある不思議な宿、番組では「ボロいい宿」と名付けました。今回は、北海道新得町の山奥に行ってきました。

十勝川の横を走る道道718号から、林道に入り、走ることおよそ7km。到着した先は、新得町にある「オソウシ温泉・鹿乃湯荘」です。

築60年を超えるという建物の外観はボロボロの状態…。この宿、本当に人気なんでしょうか?早速、中にお邪魔します。

出迎えてくれたのは、オソウシ温泉の新井支配人です。

オソウシ温泉・新井義信支配人「たたずまい的にはちょっと…なんと申しましょうか…。ここに勤めている身分としてはあまり言えないですね笑」

このオソウシ温泉の歴史は長く、開湯はなんと明治末。その後、幾度か閉鎖されましたが2009年に札幌の会社「北海道フーズ」が権利を買い取り、人気の宿として現在まで続いてきました。

山の奥という立地ゆえに、冬場のお客さんは少ないそうですが、夏場はリピート客が数多く訪れる人気宿だそうです。その理由は…?

壁や照明を新しくした温泉です!オソウシ温泉のお湯は、ph.10を超える全国有数の強アルカリ性硫黄泉。入浴してすぐに、肌がツルツルになる「美肌の湯」として人気なんです。飲泉許可を取っているので飲むこともできます。宿のごはんはこの温泉水で炊いているんだとか。

オソウシ温泉・新井義信支配人「露天風呂は4月から11月までやっています。ここは加温している温泉なので、冬場の露天風呂は冷めて、ぬるくなるのでお勧めしていないのですが、常連さんの中には冬に露天風呂に入る方もいます」

限られた常連客だけが楽しんでいるという冬場の露天風呂。早速、HBC堀内大輝アナも体験させていただくことに!

堀内アナ「下は水!冷蔵庫です!!」

人気の理由は温泉だけではありません!秘境に来たからこそ味わえるお料理です。魚は、旅館から40キロ上流で、新井支配人が釣ってきた新鮮なものを提供してもらえます。

オソウシ温泉・新井義信支配人「素材の味を崩さないように気を付けています。老舗旅館や有名ホテルではなかなかお出しできないと思います」


2019年に客室も改装。2部屋を繋げて1部屋にしているのでゆったりと過ごせます。ただ、携帯電話はもちろん圏外(wifiはあり)。部屋にはテレビもなく、都会の喧騒を離れてゆっくりしたい人たちが訪れるのだそう。


林道には熊や鹿が出没するので運転には注意してくださいね。新得町の山奥にあるオソウシ温泉は、ここにしかない魅力あふれたボロいい宿でした。

まだまだ全国には「ボロいい宿」が…!見た目はボロボロなのに、たくさんの人に愛される全国のボロいい宿を紹介する番組「全国ボロいい宿-発見!それでも人気なワケがある!-」(TBS系12局)が2月16日(日)午後3時30分から放送されます。北海道・幌加内町の宿も登場します。お楽しみに!



「オソウシ温泉 鹿乃湯荘」

場所…北海道新得町屈足オソウシ鹿の沢330

Tel…0156-65-3338

時間…午前10時~午後8時(日帰り入浴)

料金…【日帰り入浴】大人600円、小学生以下300円

【宿泊】《プラン A 一泊二食付》

     大人 8,000円 (休日前 9,000円)

     小学生以下 6,000円 (休日前 7,000円)

    《プラン B 一泊二食付》ご紹介したプラン。Aより夕食のグレードが上がります。

     大人 9,500円 (休日前 1万500円)

     小学生以下 7,000円 (休日前 8,000円)

    《プラン C 一泊朝食付》

     大人 6,000円 (休日前 7,000円)

     小学生以下 4,000円 (休日前 5,000円)

    《プラン D 素泊まり》

     大人 5,000円 (休日前 6,000円)

     小学生以下 4,000円 (休日前 5,000円)

※その他、湯治宿泊などに関しては、HPをご覧ください。

0コメント

  • 1000 / 1000