読書も温泉もドリンクも!話題のおふろcafeが北海道初上陸!

おしゃれな空間で、時間を忘れ、好きな本を読み、温泉で癒され、朝から晩までのんびりごろごろだらだら…1000円ちょっとでこーんな夢のようなことが実現できる場所が、北海道に初上陸!

札幌から高速道路で2時間半、北海道・空知の芦別市にある「芦別温泉スターライトホテル」の1階が全面リニューアルし、「おふろcafe 星遊館」として生まれ変わったんです。全国でもいま話題沸騰、人気の施設でこちらは7店舗目。ここから、オープン当日に生中継でお送りしました。

建物入ってすぐの受付。リストバンドをもらい、いざ館内へ。いったい、おふろカフェってどんな感じなのでしょう…

いきなり雑誌が並び、おしゃれなラグマットが敷かれているスペースが!

さらに奥に進むと、本がきれいにおしゃれにディスプレイされていて、目を引きます。これらは、全部読み放題。どれをいくら読んでもOKです。

小説、エッセイ、写真集、漫画、雑誌…その数6000冊を誇ります。館内の至るところに置かれています。

カフェ…ということでコーヒーなどドリンクも飲み放題!

”森の図書館”と称したちらの場所には、人工芝が敷いてありとっても気持ちがよい…。寝転んで本を読むもよし、テーブルで仲間と楽しく、も良いんです。ジェンガや人生ゲームなどなど、ボードゲームで遊ぶご家族の姿もありました!素敵。

ヒトシェルフというこちらのスペースは、押し入れをイメージした個人空間を演出。足を延ばしてくつろげるくらいの大きさで、なんとも落ち着くちょうどよさ。コンセントも完備!もう出られません…。

休憩スペースはまだまだいろいろあってユニーク。私堀内大輝、ハンモックに揺られて一休みです…仕事を忘れ、てはいませんが、はぁ最高。ちょっと肌寒いこの時期、こんなあったかい”着る毛布”も無料で貸してもらえます。おしゃれでかわいらしいですよねー!(毛布がね)

トムソーヤの冒険に出てきそうな、ツリーハウスもあります。階段を上ると…それは見てのお楽しみとしましょう。

これだけじゃありません。我々に”癒し”を与えてくれるもの…それは「温泉」。こちらもリニューアルしました。特徴は、「炭酸水素塩・冷鉱泉」と「硫黄・塩化物冷鉱泉」の2つの源泉をそれぞれ楽しめるところ。内湯は大小5つの浴槽があり、バラエティーに富んだお風呂を楽しめます。

星降る里として知られる芦別ならでは、目玉の「星空露天風呂」は、屋根がなく、夜空を一望できるつくりに。お湯は薄い黄色で、硫黄の香りがほのかにして、美容の湯ともいわれているそうです。とても気持ちよく温まりました!星空&雪見風呂…なんて贅沢なんでしょう。

この充実さで、料金はフリープランで最大午前10時~午後10時までの利用で、中学生以上が平日1145円、土日祝1255円・小学生が平日523円、土日祝は578円となっています。90分からの利用も可能です。別料金にはなりますが、空知・芦別のグルメが味わえるレストランもあります。丸一日、おしゃれにだらだらできる素敵な空間。寒い北海道の冬をあったかく過ごせるステキな場所になること間違いなしです!



「おふろcafe 星遊館」

場所…北海道芦別市旭町油谷1

Tel…0124-23-1155

時間…フリープランは午前10時~午後10時まで



0コメント

  • 1000 / 1000