札幌も大盛況!スター・ウォーズシリーズ最新作公開!

12月20日午前0時に日米同時公開された、スターウォーズシリーズの最新作であり完結編となる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」。シリーズ1作目から42年、遠い昔、はるか彼方の銀河系で紡がれてきた、スカイウォーカー家の「家族の愛と喪失」の物語が、ついに幕を下ろします。年末やお正月に見られる話題の映画ということで、札幌でも盛り上がりを見せています。

最新作が日米同時で公開される前日の、12月19日、北海道札幌市にあるさっぽろテレビ塔では、公開記念イベントが行われました。

イベントでひと際目立っていたのが、1作目からの人気キャラクター「チューバッカ」。実はこの方、札幌のコスプレイヤーなんです。そのリアルさが評価され、公式イベントに呼ばれるほどの有名人なんだとか。

イベント終了後、特別にマスクをはずしてくれることに!気になる、その素顔は…?

中に入っていたのは、長髪の男性!スター・ウォーズファン歴42年の瀬能英俊さん58歳です。

普段は、札幌市内のメガネショップで働いています。その姿からは、チューバッカのイメージは想像できません。

そんな、瀬能さんのお宅にお邪魔しちゃいました。

玄関にはずらりと並ぶ人気キャラクターたちが。のっけからスター・ウォーズ愛に溢れていますね。

部屋の中にも勿論、沢山のグッズが飾られています。瀬能さんがスター・ウォーズグッズを集めたのは、40年ほど前からなんだとか。

箱から取り出したのは、チューバッカのマスク。実はこれ、すべて瀬能さんご本人の手作りなんです。

瀬能さん「自分の顔型を取って粘土で形を作った。つけ毛を買ってきて張り付けている」

チューバッカを作るための素材だけで20~30万円。コスチューム全体では50万円すると言います。スター・ウォーズとともに人生を歩んできた瀬能さんですが、なぜコスプレを始めようと思ったのでしょうか。

瀬能さん「エピソード3(2005年)の公開にあたり、プレミア試写会があった。その時にコスプレするグループで出て、にぎやかしする話があった。たまたま背が高かったので私がチューバッカを始めました。(チューバッカとはどんな存在?)自分の分身ですね。チューバッカの商品を見つけると買ってしまう」

最新作公開にあわせ、大丸札幌店では、限定オフィシャルストアがオープン!ここでしか買えない、歴代作品の関連商品が並んでいます。なかでも人気なのが…

スター・ウォーズを語る上では、欠かせない武器「ライトセーバー」が、なんと箸になっちゃいました。ちゃんと光る高クウォリティのお箸は、外国人観光客に大人気とのこと。

日米で同時に公開される、その15分前。札幌市内の映画館には、多くの人が集まっていました。

その人だかりの中には、チューバッカの姿が!実は瀬能さん、いつも初上映で見ているんです。今回も勿論チケットをゲットし、ファンの皆さんと最新作が観られる喜びを分かち合いに来たとのこと。

そして、いよいよ上映の時間が迫ってきました。でもあれ?これは、まさか?このまま行っちゃうの?!

そのまさか。彼にとってコスプレは正装です。この格好のまま、壮大な物語の完結を目に焼き付けるため劇場に向かっていきました。(もちろん、劇場が暗くなってからは、こっそりマスクを脱いで、しっかり鑑賞したそうです)


今回、ハリウッドでも試写会や先行公開はありませんでした。そのため、多くのファンがこの日を待ち焦がれていたんです。


「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、12月20日からの公開です。


「STAR WARS POP UP STORE」

住所…北海道札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店7階催事場

期間…12月11日(水)~24日(火)

時間…午前10時~午後8時 ※最終日は午後5時閉場

入場料…無料



0コメント

  • 1000 / 1000