正月太り解消!小顔マッサージ&シェーディングを伝授!

美味しいものをたくさん食べて、家でゴロゴロ…こんなお正月を満喫している方も多いのではないでしょうか?仕事や学校が始まる前に、少しでも正月太りを解消したい!そんな皆さんにおすすめしたい小顔マッサージと、顔が引き締まって見える簡単なシェーディングのやり方をご紹介します!

教えてくれるのは、今日ドキッ!出演陣のヘアメイクを担当している木村実咲さんです(写真右)。いつも、出演陣の雰囲気や服装にマッチした素敵なヘアメイクを施してくれる木村さん。自分でもお風呂に入る時は必ず行うという、小顔マッサージのやり方を教えてもらいます。

マッサージは基本的に「人差し指・中指・薬指」の3本を使って押します。まずは、首から頭頂部にかけて、ツボ(オレンジの丸)を3~5秒ずつ指圧していきます。首と頭の付け根や、生え際近くなど、押して痛気持ちい場所を押していけばいいとのこと。顔と頭は一枚の皮でつながっているので、頭を先にほぐすことで、小顔効果がアップするそうです。

顔のマッサージに行く前に、必ずクリームやオイルを塗って滑りを良くしてくださいね。強くこするとしみやシワの原因になるので要注意です。モノに寄りますが500円玉分くらい、たっぷり手に取るのがポイントです。

「おでこの生え際」を両手の3本指で3秒押します。そのまま、こめかみに向かって老廃物を流すように押し流します。その後こめかみを3秒押して1セットです。同じ動きを、写真のように「眉頭の上」「眉頭の下」「目の下の骨」を起点に繰り返します。それぞれ3セットずつやりましょう。

小鼻の横を3秒押します。そこから頬骨の下を耳の下まで老廃物を流すように押し流します。最後に耳下のイタ気持ちいいツボを3秒押して1セットです。3セット繰り返しましょう。

顎の下のくぼみに親指をいれ、顎の中心から耳の下まで3秒ずつ押しながら流していきましょう。これも3回繰り返します。

耳たぶ下のツボを3本指で3秒おし、首筋を鎖骨に向かって流します。そのまま鎖骨を外側から中心に向かってさするように流します。3回繰り返したら小顔マッサージは終了です。老廃物が流れるイメージをしながら、マッサージするのがポイントですよ。

続いて、意外と簡単なシェーディングのやり方をご紹介します。シェーディングは、顔の形を理想的な「卵型」に近づけるように影を入れていくのが基本です。丸顔の方は両ほほの外側の余白に影を入れ、縦長に見えるように。面長の方はおでこと顎に影を入れて卵型に近づける…といったイメージです。ここでは、基本的なシェーディングのやり方をご紹介します。自分の顔の形に合わせて、影の足し引きをしてみてくださいね。まず、大きめのブラシで粉を取ったら、手の甲かティッシュでなじませましょう。小さいブラシを使ったり、なじませる前に顔にのせたりするのはご法度!ぼかしながら少しずつ重ねていくのが、きれいな仕上がりの近道です。

数字の「3」をイメージして影を入れていきましょう。おでこの生え際からこめかみに向かって影を入れ、頬骨の下半分くらいにふわっと乗せます。そのままもみあげに戻ってえらを削るように3の字にいれましょう。最後に、粉を落としたブラシで肌との境目をぼかして完成です。

マッサージでむくみを取り、シェーディングで小顔効果を狙う!これでお正月太りも解消できるかも…?是非みなさんお試しくださいね。

0コメント

  • 1000 / 1000