雪にも強い!ゴム2本で作る「大人シニョン」のやり方

雪が降って折角セットした髪がべちゃべちゃ…。そんな経験ありませんか?今回は、雨にも雪にも風にも負けない「大人可愛いシニョン(お団子)」の作り方をご紹介します。実はこの髪型、ピンを使わず、たったのゴム2本でできちゃうんです!一気にこなれてみえる、後れ毛のコツもお伝えしますよ♪

教えてくれるのは、今日ドキッ!出演陣のヘアメイクを担当している小寺杏奈さん!いつもおしゃれで可愛いヘアスタイルを作ってくれるんです。不器用な方でもできるように、わかりやすく丁寧にお伝えします。

まずは、シニョンを作りやすくするために、髪を巻きます。毛先に動きが付けばいいので、神経質にならず、適当にざっくり巻いていきましょう。内巻きでも外巻きでもOK!細目にまけば、お団子がほつれた時も、クルンと可愛い毛先が可愛いのでお勧めです。

次は、柔らかいワックスやバームで髪をまとめやすくします。このひと手間を惜しむと、アホ毛が立って何だか老けた印象に…。面倒くさがらずつけてくださいね。どうしても髪がべたべたして嫌…という方は、アレンジ用のヘアスプレーでもOKです。(ハードスプレーだとパキパキになっちゃうのでNG)

耳下くらいの高さで一つ結びをするため、髪を手で束ねます。ゴムで結ぶ前に、トップから1.5センチ間隔で髪をほぐしていきましょう。太くつまんでしまうと、ボサボサになるので、なるべく細く引き出すのがポイントです。

もみあげとこめかみの毛を2~3ミリくらいで1~2束出しましょう。出しすぎるとやぼったくなるので注意。顔周りの髪の毛を出すことで顔もすっきり見えますし、こなれた雰囲気が出ますよ。顔周りは外巻きがオススメ。襟足から後れ毛を出しても可愛いですが、雪や雨の日は、後れ毛が少なめの方がすっきりした印象になります。

正面から見てひし形になるように髪の毛を引き出しましょう。ポイントは頭頂部と耳の上の毛をきちんと引き出すこと。うまくひし形に崩せたら、小顔効果抜群です。

引き出し終わったら、ゴムで結びます。結んだ後に、ゴムの根本付近も細く引き出すのも忘れずに。

髪は耳に少しかかるように結ぶことで、グッとこなれ感が出ます。全部耳にかけたものと比べると一目瞭然ですよね。

一本に結んだ髪は、2本に分けて、ねじねじしていきます。いわゆるロープ編みです。

ねじねじした毛先をつかんだまま、根本のゴムにグルグルまきつけていきます。

巻きつけた髪を上からもう一本のゴムで2周ほどくくれば完成です。綺麗に作ろうと思わず、勢いを大事に「えいやっ!」と巻きつけるのがポイントです。直毛の方は髪がぴんぴん出てきやすいので、かならず毛先を巻いてから結んでくださいね。

仕上げにハードスプレーをかければ、雪でぬれても崩れない「大人シニョン」の完成です!

カウントダウンパーティーや、初詣、初売りなど、お正月休み中もお出かけする機会は一杯。雪にも負けない、可愛いヘアスタイルでお出かけを楽しんでくださいね。



一連を動画で見たい方は、今日ドキッ!インスタグラムも併せてご覧ください!


教えてくれた小寺杏奈さんのインスタはこちら。

0コメント

  • 1000 / 1000