北海道江別市の発展を支えた”鉄路”の歴史とは

北海道札幌市の隣町、江別市。古いレンガ造りの建物が今も残る「レンガの町」として有名ですが、この町の歴史に欠かせないものがあるんです。それは…、鉄道!現在のJR函館本線は1882年(明治15年)に、幌内鉄道として開通した路線です。その後も町の発展を支える細かな路線がいくつもできました。江別の歴史を支えた鉄道の痕跡を辿ります。

知られざる江別の変遷を教えてくれるのは和田哲さん。雑誌オトンの編集デスクを担当し、古い地図から歴史を紐解く連載企画の執筆も行っています。

石狩川と千歳川が合流する江別は、古くから船を使って荷物が運びこまれる、物流の要として発展を続けてきました。明治時代の江別を描いた地図を見てみると、近くにあった木材工場の近くから伸びている線路が描かれています。

1902年(明治35年)に千歳川(江別川とも呼ばれる)に沿って敷かれた「江別川線」と、1904年に石狩川沿いに沿って敷かれた「石狩川線」。どちらも函館本線(当時の北海道炭礦鉄道)までつないだ、「人力軌道」でした。この場所では毎年数十万本もの材木や、周辺の村で作った野菜などが陸揚げされていました。荷揚げ場から数百メートル離れた鉄道まで、荷物を満載にした貨車を、人や馬が引いて運んでいたんです。この人力軌道はのちに江別町が管理し、町営として1945年(昭和20年)まで使われていました。

石狩大橋を渡った先、江別市篠津にある標柱には「江当軌道」の文字が。その名の通り、ここには1927年(昭和2年)に江別と、近隣の町、当別町の間11.5キロを1日4往復、所要時間50分で結んでいた路線がありました。

当時の道路は「悪路言語に絶し、人馬共交通非常に困難」とまで言われるほどの悪路で、人や物資を江別経由で札幌などの大消費地まで大量に運ぶのが目的でした。その江別側の終点である駅が、標柱のあるこの場所にあったのです。しかし、経営は赤字続きで、わずか10年ほどで姿を消してしまいました。

江別市内には函館本線から枝分かれする特殊な路線がいくつかありました。江別蔦屋書店のすぐ裏手にある公園にも、かつて線路が敷かれていました。そこで使われていたのがこのディーゼル車です。

1935年(昭和10年)に大日本電力(後の北海道電力)の火力発電所ができました。このディーゼル車に燃料の石炭を積んで、運び入れるための発電所専用線だったんです。ほかにも江別駅近くから分岐して、1907年(明治40年)に敷かれた今の王子製紙江別工場への専用線がありました。江別の産業を支える路線が、いくつも作られていたんです。

1930年(昭和5年)には夕張鉄道の野幌-栗山間が開業。野幌駅は2014年に高架となり、かつての面影はありませんが、路線跡はそのまま「きらら街道」として整備されています。道路わきにかつて使われていた信号機が、今も残っています。

昭和初期の野幌駅の様子が分かるフィルムが江別市に残されていました。汽車の向こうに見えるレンガ工場、転車台は人力で回していました。駅のホームでは名物「煉瓦もち」が飛ぶように売れていた様子も記録されています。

夕張鉄道が敷かれた後にできた道路です。実はこの通りに面した家をよく見ると、道路沿いなのに背を向けている家が多いのがわかりますか?鉄道のある側からは出られないため、こうした作りになっていたんですね。こうしたところにも線路跡だった痕跡が残されています。

夕張鉄道からも、ある専用線が引かれていました。野幌駅近くの金属加工会社、北海鋼機の工場へ分岐し素材や製品の運搬に使われていた専用線です。北海鋼機前駅には札幌行きのバスの停留所があり、今は夕鉄バスのターミナルが建っています。

鉄道路線により発展してきた町・江別。昭和30年代に夕張鉄道の上江別駅から分岐して始まる、ある計画がありました。夕鉄の上江別駅から分岐して、元江別・雁来・豊平川を経由。ついには札幌三越前に到達する路線の計画です。

この計画に意欲を燃やしていたのが、当時の東急会長で定山渓鉄道を買収していた五島慶太という人。東急の事実上の創業者で実業家の五島慶太は、全国各地で鉄道を所有し、すぐれた経営手腕を発揮。内閣顧問として国政にも携わる経済界の大物でした。五島慶太が推し進めたこの計画は「札幌急行鉄道」と名付けらました。

さらに、その札幌急行鉄道と、南に走る定山渓鉄道とを繋ぎ、札幌圏に一大私鉄網を造ろうという壮大な計画でした。夕鉄のオーナーである北炭の同意も取り付け、共同で免許の申請をしようというところまで漕ぎつけましたが、肝心の五島慶太が病気で亡くなってしまい、計画は実現せずに終わったのです。もしこの計画通りになっていたら、札幌駅が集中的に発展した今の形とは、まったく違ったものになっていたかもしれません。

札幌急行鉄道は幻となり、夕鉄も1974年(昭和49年)に休止。周辺にあった軌道や専用線も廃止され、最初にできた函館本線だけが残りました。江別を訪れると、今も線路の通った道路や町の形にその面影を感じることができます。




0コメント

  • 1000 / 1000