世界一激しいパラスポーツ!?車いすラグビーにかける熱い思いとは

世界一激しい「パラスポーツ」と言われる、車いすラグビー。先日行われた国際大会で、銅メダルに輝いた日本代表のエース、函館出身の池崎大輔選手41歳に、2020年東京パラリンピックにかける、熱い想いを聞きました。

車いす競技のなかで唯一、タックルが認められた、世界一激しい「パラスポーツ」!それが車いすラグビーです。試合は、バスケットコートと同じ広さで行われ、ボールを持った選手がゴールラインを超えると得点となります。

車いすラグビー日本代表は、10月に東京でおこなわれた国際大会「ワールドチャレンジ」で、銅メダルを獲得!その日本のエースが函館出身・池崎大輔選手です。卓越したテクニックとスピードでゴールを量産し、イギリスとの3位決定戦では、両チーム、最多の25得点をあげる活躍で勝利へと導きました。しかし、池崎選手は悔しさをにじませます。

池崎選手「みんなの前で、チャンピオンになるという目標を掲げた大会だったので、3位という結果は、悔しいのひとこと。次こそはリベンジで、パラリンピックで金をとる」

東京パラリンピックで金メダルを取るという目標を叶えるため、池崎選手は、2019年春から妻と3人のこどもを北海道に残し、東京に渡りました。日本代表のチームメートらと新しいクラブチーム「東京サンズ」を結成。池崎選手は、プレーヤーでもありながら、監督業も兼任し、新天地でスキルアップをはかります。

しかし、最初の練習試合では、コミニケーション不足から、パスが味方に通らないこともありました。

池崎選手の熱い指導に、チームメイトの意識も変わっていきます。

池崎選手は6歳のとき、成長とともに手足の筋肉が衰えていく難病「シャルコー・マリー・トゥース病」を発症。歩くことが出来ず、普段は機能性に優れた車いすに乗って日々過ごしています。

両手の握力が、ほとんどないのため、時には携帯電話を鼻で操作することも。

試合では、指に力が入りにくいため、手のひらで強くタイヤを押して、車いすを力強く漕ぎます。

この力強いタイヤさばきを可能にしているのが、腕の筋力トレーニングです。池崎選手は、鍛え上げられた強烈なタックルを武器に、世界の強力なライバルたちと戦ってきました。そんな「車いすラグビー界のエース」も、大躍進を遂げた15人制ラグビー日本代表の活躍に、刺激を受けたと言います。

池崎選手「日本対南アフリカ みんなで応援をしました。ワールドカップも盛り上げてもらったので、今年はラグビー一色になったのでは?リーチ・マイケル選手は、チームの核となる選手。キャプテンというのもあるし、必要なときに、必ずしっかり流れをつくって、すごいと思います」

車いすラグビーの世界ランキングは、1位アメリカ、2位オーストラリア、3位日本、4位イギリスと、実力が拮抗しています。そんな中、池崎選手が出場した2012年ロンドン大会で、日本代表は4位。前回のリオ大会は3位と、着実に順位を伸ばしています。

2020年の東京パラリンピック日本代表として、かなえたい目標は、ただひとつ。

池崎選手「東京パラリンピックでは、大きなチャンスがあるなかで、自分たちの姿を見てもらいたい。それは銅ではなく、銀でもなく、世界一。金メダルをとった姿を見てもらいたいです!!」



↓取材した池崎大輔選手についてはこちら↓

「三菱商事」…池崎選手がサポーターを務めるチーム

「東京サンズ」…池崎選手らが新設したクラブチーム


今日ドキッ!Life

「今日ドキッ!Life」は北海道の今日を伝えるWEBメディア。HBC北海道放送の情報ワイド番組「今日ドキッ!」で放送された特集やお店を紹介しています。

0コメント

  • 1000 / 1000