【家事チャレ】家電のお掃除~掃除機編~

年末年始と活躍したにもかかわらず、割とお手入れが行き届いていない「家電のお掃除」

きょうは、「掃除機の掃除」にチャレンジ!

●コンフォートライフ 梅田朋恵さん

 家事チャレでもお馴染み!手軽なお掃除グッズ

 で、分かりやすくマネしやすい

 お掃除術を教えてくれるお掃除アドバイザー

●掃除道具

【ヘッド部分】

 はさみ・はけ・新聞紙・竹串・使い終わった歯ブ

 ラシ・ガムテープなど

【ダストボックス部分】

 はけ・ぞうきん(乾拭き用)

●作業工程

(ホコリが出るので新聞紙などの上で!・説明書を必ず読んでから!)

<ヘッド部分>

1.ブラシ部分を外して、絡まった糸や髪の毛などを「はさみ」で切ったり、「歯ブラシ」でこすったり「ガムテープ」に吸着させるなど、丁寧に取り除く

→水洗いできるものは、水洗いもしましょう。

※こんなドラマチックにやる必要はありません。

2.ブラシを外したヘッド部分は「はけ」を使って、奥のホコリをかき出す。 細かく挟まったホコリは、「竹串」などを使うと便利♪

<ダストボックス部分>

~サイクロン式~

ダストカップを外して、目立ったホコリを落としたら、水洗いする。隙間に挟まったホコリは、歯ブラシなどで落とす

★ホコリが舞い上がりそうですが、換気は「掃除が終わってから」

→掃除の最中に換気をすると、外から入ってくる風で、中にホコリが広がってしまうため

※麻酔は作業上、必要ありません。

★ここまで掃除して、吸い込みが悪い場合は、フィルターの掃除を!

~紙パック式~

紙パックの交換は、「ゴミの量が8割」を目安に!

→パンパンになりすぎると、吸引力の低下にもつながるため

★交換する際に、奥にあるフィルターの汚れをチェックする

→ホコリや砂などがついていたら、歯ブラシや水洗いなどで落とす

★☆掃除機の掃除で、いいものを長く使う☆★

掃除機も機械、ちょっとしたことで不具合が起こります。お手入れを気がけるだけで

長く使えるようになりますよ~!

0コメント

  • 1000 / 1000