~感染予防にも!トイレ掃除 便座の掃除~

きのうに続き、感染予防にもつながるトイレ掃除 

きょうは、あまり手を付けていない人も多いはずの便座掃除です

お掃除アドバイザー 梅田朋恵さん

お掃除専門 コンフォートライフでハウスクリーニングのほか、分かりやすい掃除方法をYouTubeでも紹介している掃除のプロに教わります。

●“乾拭き”してから“水拭き”

1、ワイパーシート(ドライ)をぞうきん代わりにして、手で大まかなホコリを拭きとる

2、“重曹水”<湯(または水)200mlに対し、重曹小さじ1/2>を作り、

  ぞうきんとスプレーボトルに用意する⇒湯の温度は、50℃ぐらいが目安

  重曹(弱アルカリ性・消臭)で、手あか汚れ(酸性)や臭いを取り除く


●トイレの便座掃除は“便座を外して”

1、温水洗浄便座を使っている場合、便器と便座の隙間にホコリや汚れ、臭いが溜まりがち

⇒タイプにもよるが、外すボタンが横についているので、説明書きや説明書を見ながら外す

⇒温水洗浄便座には給水管や電源ケーブルがついているので、断線しないよう要注意

●脱臭フィルターが、いやな臭いの原因!? 

脱臭機能の「脱臭フィルター」がホコリや汚れで目詰まりして

いや~な臭いの原因なのかも・・・

でも重曹水と歯ブラシでしっかり汚れを落とすと見違えるように・・・

臭いもほとんどなくなります!

●洗浄ノズルも、手作業で掃除

ノズルが出た状態でコンセントを抜き、

出し入れしない状態にしてから、重曹水と歯ブラシでキレイに

●普段から“フタを閉めて水を流す”

開けたままだと、ウイルスや菌を飛散させてしまう可能性があるので、

普段からフタを閉めて水を流すようにすると感染予防にも!

キレイなトイレで、心もキレイに!

0コメント

  • 1000 / 1000