学校!いちばん星~立命館慶祥高校編~

シンガーソングライターの金子智也が道内各地の学校巡って、

何かしらの"いちばんさん"を探すコーナー!

今回は『立命館慶祥高校』でいちばん探し

中高一貫校で、学校のスローガンは「世界に通用する18歳」

生徒の“個性”を大事に、やりたいことにとことん挑戦させてもらえる学校。

今回は【自然科学部】【弁論研究部】にお邪魔しました!

●無類のカニ好きだけど、カニアレルギー

カニの標本ジッと見つめる佐藤開斎さん。

物心ついたころには既にカニ好きだったという。

人生をすべてカニに尽くしたい」と語ってくれた佐藤君だが、実は“カニアレルギー”

触ることならできる彼は、今日も自家製のカニ標本を見つめ、生態調査に励む。

●銀河のことを語らせたら止まらない星マニア

分厚い英語の論文を読みながら研究している清原愛さん。

どうやら「銀河の渦状腕の数値化の方法」について研究しているらしい。

素人には全く理解できない内容だが、わかりやすく丁寧に説明してくれ、

金子もザックリと理解できた様子。

なお、いちばん好きな星は“カペラ”。気になる人は“カペラ”で検索。

●超高校生級の知識量を持つアンモナイト博士

机の上にたくさんの大きな石を並べ研究していた髙橋慶多さん。

近くで見てみると、全部アンモナイトの化石だった。

全て高橋さんが自ら採集したものだという。

コチラも物心ついたころからアンモナイトに魅了され、発掘や研究をしている。

そんな高橋さんは、地質や気象、天文の知識で競い合う地学オリンピックに昨年出場。

見事北海道チャンピオンになるも、その後の全国大会、日本代表センバツ大会は

新型コロナの影響で中止に。将来間違いなく世界で活躍するだろう。

●気合を入れすぎた!?ロボット班

高校生ながらプログラミングの研究をしている二人。

このロケ日のために、普段研究で使用しているロボットを改造。

見栄えを良くするために、外側に付いていたセンサーを内側に装着するなど改造したが、

それが仇となり、本番では思うようにロボットが動かず、大きなため息をついていた。

その失敗が明日の糧となる、頑張れロボット班!

●全国常連!弁論研究部

部活設立22年の歴史の中で、北海道で優勝した数はなんと21回。

まさに北海道で“いちばん”の集団。

金子も見よう見まねで1分間スピーチに挑戦。テーマは“時間”

Time is Moneyを連呼してスピーチを締めくくり、部員からの評価は最悪。予想通り。

「声が大きい。耳に突き刺さるような感覚」「何度も同じことを言うのはおかしい」

大丈夫、揉まれて成長するタイプなんです金子は。

0コメント

  • 1000 / 1000